<   2020年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

秋立ちて

長い梅雨が明けようやく夏が来たのに暦の上ではもう立秋なんですね。
梅雨時のじめじめが原因と思われる私の体の湿疹による痒みが
辛かったのですが、ようやく回復しホッとしています。

一週間前の散策で撮った空き地には女郎花が咲いていました。
秋の七草かと思うと自然は黙々と秋への移行の準備をしているようです。



秋立ちて_c0187781_10542607.jpg


立秋を過ぎた空き地は人気なく女郎花だけが風に揺れいる



秋立ちて_c0187781_12121356.jpg




カルガモはいま一羽だけ何となく孤独にみえる夕暮れの池


秋立ちて_c0187781_11162045.jpg



アゲハ


秋立ちて_c0187781_10283996.jpg


アオスジアゲハ

 
秋立ちて_c0187781_11035615.gif


庭に舞い込んできてくるくる一時もじっとしていなくて焦点がなかなか合わなかった蝶です。






残暑お見舞い申し上げます。





by kotonoha222 | 2020-08-10 11:17 | 秋立ちて

梅雨明けて

八月になりやっと梅雨が明けました。
梅雨時の花々は元気なはずですが、あまりに長い梅雨だったせいか日照時間が少なくて
花々は元気を失いかけてしまいました。そうはいってもやっと日も燦燦と降り注ぎ
本来の勢いを取り戻しつつあります。

梅雨明けて_c0187781_16135109.jpg



*梅雨明けて息吹き返すハイビスカス短い夏を我がものとして

今のハイビスカスは蕾が多く次々と咲いて来ます。雨に傷んだ花弁が痛々しいですが、
夜には萎んでしまいます。儚い命ですが、次に控えている蕾がまた花開きます。

コロナ禍の終わりが見えない日々に於いて花々に癒されている毎日です。

梅雨明けて_c0187781_16194291.jpg


ランタナ(オレンジ)

梅雨明けて_c0187781_16200312.jpg


ランタナ(ピンク)



色が次々と現れるので七変化の別名もあります。長い事楽しめる花です。


梅雨明けて_c0187781_16233117.jpg


サンク・エール(ホワイト)

花弁が5つの羽・翼に見えることから、フランス語の「5(cinq・サンク)」と
翼・羽「ailes(エール)」を組み合わせて“サンク・エール”と名付けたそうです。
また、英語のありがとう・感謝「thank(サンク)」と声援「yell(エール)」の
意味も込めてあるそうです。花の色は白、紫、ピンク他あり様々な色の寄せ植えも楽しめ
そうですね。




by kotonoha222 | 2020-08-03 16:29 | 梅雨明けて

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31