<   2020年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

甲斐の国 続

「花の寺」として知られる放光寺。
境内には一年を通して梅、椿、桜、山吹、牡丹など、早春から晩秋まで様々な花が咲き誇るそうです。


甲斐の国 続_c0187781_16392407.jpg

人形塚


甲斐の国 続_c0187781_03254393.jpg


甲斐の国 続_c0187781_03265800.jpg


甲斐の国 続_c0187781_16391176.jpg


甲斐の国 続_c0187781_16375640.jpg

甲斐の国 続_c0187781_16372872.jpg

西藤木の水車(にしふじきのすいしゃ)
甲斐の国 続_c0187781_16394825.jpg

甲斐の国 続_c0187781_03244928.jpg



甲斐の国 続_c0187781_11181779.jpg

ワイナリー

甲斐の国 続_c0187781_11224559.jpg


甲斐の国 続_c0187781_11231351.jpg

甲斐の国 続_c0187781_11233545.jpg


ダリア真っ盛り!!

甲斐の国 続_c0187781_11241181.jpg


甲斐の国 続_c0187781_11470265.jpg


*下戸でさえ試したくなる山梨の豊潤な香のワインに囲まれ



by kotonoha222 | 2020-07-22 12:00 | 甲斐の国 続

甲斐の国へ

以前趣味仲間と一緒にバス旅行へ行きました。
甲斐の国「今の山梨県」
時期的に少しずれがあるのですが、UPしそびれたので載せてみます。
山梨と言えば蒲萄、美味しい葡萄酒を試飲しました。
飲めない私でも美味しく飲めた甘口の葡萄酒が印象に残りました。

甲斐の国へ_c0187781_07594502.jpg


*コロナなどまだ知る前の日々ありて趣味仲間と行く甲斐の国へと

甲斐の国へ_c0187781_07583142.jpg



*グラグラの一の釜の吊り橋を恐々渡る旅人たちは


甲斐の国へ_c0187781_08122242.jpg
男滝

滝への道はかなり険しくまた上がるときに心臓がばくばくする程でした。

甲斐の国へ_c0187781_08134470.jpg

甲斐の国へ_c0187781_08151428.jpg

甲斐の国へ_c0187781_08153818.jpg

ミズキ

甲斐の国へ_c0187781_08155992.jpg

甲斐の国へ_c0187781_08165483.jpg
甲斐の国へ_c0187781_08191818.jpg

甲斐の国へ_c0187781_08195454.jpg
ウツギのようです。

甲斐の国へ_c0187781_08221886.jpg

甲斐の国へ_c0187781_08205125.jpg
バイカウツギ

甲斐の国へ_c0187781_08235232.jpg
つづく




 

by kotonoha222 | 2020-07-15 08:24 | 甲斐の国へ

庭の木槿

夕方六時前になり青空が見えています。七月に入ってから、雨が降ったり夏日だったりと
日々移り変わっていますが、梅雨最中なんですね。
庭の木槿が満開です。今日は曇っていましたが、雨も降りました。
そして少し晴れ間が見えました。
そんな木槿の様子です。

庭の木槿_c0187781_17533868.jpg



*白いテッシュばら撒いたよう庭の中風に煽られ振り落とされて

*梅雨の昼雨を含んだ大輪の木槿は落ちるポトンと音立て

庭の木槿_c0187781_17575880.jpg



庭の木槿_c0187781_23202427.jpg





庭の木槿_c0187781_17584283.jpg



*雨上がり青空のもと狭庭辺の木槿の顔(かんばせ)日に輝いて


庭の木槿_c0187781_18035644.jpg



by kotonoha222 | 2020-07-05 18:04 | 庭の木槿

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。