新宿御苑の桜他②

新宿御苑の桜は三分咲きのもの・・・そしてもう少し進んだもの・・・全く咲いていないもの・・・
同じソメイヨシノでも違うものですね。
桜に限らず色々な花が少しずつ咲きし始めています。

新宿御苑の桜他②_c0187781_0291848.jpg


新宿御苑の桜他②_c0187781_0301682.jpg


新宿御苑の桜他②_c0187781_10301016.jpg

クリスマスローズの群生

新宿御苑の桜他②_c0187781_10315495.jpg


新宿御苑の桜他②_c0187781_1037834.jpg


新宿御苑の桜他②_c0187781_10305575.jpg

水仙の咲くかなたに見える桜

新宿御苑の桜他②_c0187781_10322640.jpg

かりんの花の蕾

新宿御苑の桜他②_c0187781_1033535.jpg

ジャノメエリカ

新宿御苑の桜他②_c0187781_1033369.jpg

ユリオプスデイジー

新宿御苑の桜他②_c0187781_1034149.jpg

玄海ツツジ

新宿御苑の桜他②_c0187781_103501.jpg


新宿御苑の桜他②_c0187781_10352625.jpg


新宿御苑の桜他②_c0187781_1036787.jpg

乙女椿

☆花びらを震わせいまだ初々し卯月の風に乙女椿は

☆東風吹きて乙女椿の残り花木陰にそっとかそけく揺るる

新宿御苑の桜他②_c0187781_21594226.jpg


新宿御苑の桜他②_c0187781_2235344.jpg


新宿御苑の桜他②_c0187781_2271729.jpg


新宿御苑の桜他②_c0187781_2285942.jpg


新宿御苑の桜他②_c0187781_10412660.jpg


我が家の乙女椿はもう枯れたり落ちてしまいましたが、他ではまだまだ元気ですね。
溢れるように咲いている椿はまだまだ新鮮さを失っていないようでした。

そして連なって咲いている様子は談笑しているようにも見えます^^

☆花びらを震わせいまだ初々し卯月の風に乙女椿は

☆賑やかにつらつら椿微笑みて

桜の陰でも綺麗に咲いている花たちは沢山ありますね。

俳句

★イルカらと戯むる乙女風光る     迷 愚さん

☆風光るイルカ操る乙女かな      (返歌)

★五時半だ今日は花見だ酒支度     すやきんさん

★目指したね茣蓙を敷いてる花見場所  すやきんさん

★春寒むの庭に咲きたる花に恋     三太さん

短歌

★ここは何処日本の景色いや違うでも日本ですよは変わり行き   三太さん

☆様変わりして驚きの式場はまるで外国契るふたりの       (返歌)

★愛してる温かい春夏前の四月五月がもう直ぐそこに       すやきんさん

★三味の音が里の桜の花の舞 手に持つ扇しだれ花吹雪      ひよこさん

★くさむらに咲くハナニラについ足が止まりてしばしながめいる吾   三太さん
by kotonoha222 | 2010-03-29 10:37 | 新宿御苑の桜他②

風の日の新宿御苑①

今日は久々のお天気に恵まれたので、所要で出かけその合間に新宿御苑へ寄ってみました。
土曜日と言うことで人、人、人・・・人波が続きます。
兎に角人出の多い御苑でした。
桜はまだ三分から四分・・・木に寄って隣り合っていても咲いているもの、蕾のものと個性があるのですね。
風が強かったので、ブレた画像が多く残念でした。
でも流石に三月の末ともなると春の花々が咲いていますね。
寒い日々が続いて冬に逆戻りのこの月ですが、植物は咲く時期にきちんと咲くのだなぁ~と改めて感心してしまいます。
風の日の新宿御苑①_c0187781_0401428.jpg


☆桜咲く人は集まり木の下の宴に笑顔声響きをり

風の日の新宿御苑①_c0187781_0404743.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_041845.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0415165.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0422092.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0424599.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0433092.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0435764.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0443890.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0452112.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_046395.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0463436.jpg

アメリカ     大分散っていました。

風の日の新宿御苑①_c0187781_0483331.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0473719.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0493478.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_050592.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0502316.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_91034100.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0504835.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0511439.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_052166.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_0523050.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_053195.jpg


風の日の新宿御苑①_c0187781_208943.jpg


☆待ち侘びて三分の桜咲く下の宴に笑顔声響きをり

☆快晴とみればこぞりて花見かな

短歌

★春日浴び仕事始めの畑うなう冬眠半ばの蛙出できし   tokujiさん

☆やわらかな日差しの畑に耕せば寝ぼけ眼の蛙飛び出す  (返歌)

★三月の風に吹かれし桜木の開花待たるる眼差し熱く    瑞希さん

☆弥生尽御苑は花見真っ最中人人人は笑顔湛えて     (返歌)

★春霞夢の世界に誘われて遠くに君を思い出すなり     志乃さん

☆夢うつつ微睡みのなか春霞遥かな君の姿浮かびぬ    (返歌)

俳句

★春霞夢の世界に誘われて     志乃さん

☆遠ざかる君の姿に春霞      (返歌)

★花よりもあかりが綺麗さくらかな  三太さん

☆まだ三分やがて夜桜宴かな     (返歌
by kotonoha222 | 2010-03-28 00:54 | 風の日の新宿御苑①

千葉へ

千葉へは友達も住んでいるので何回か訪れましたけど、その後数年前に訪れ今回と最近はそんな所です。
数年前に行った時は写真も撮らず印象も薄かったのですが、今回は千葉の長閑さを撮りたかったなぁ~とつくづく感じる程写真に残したかったと残念さが残ります。

時間が全く無くてしかも車の移動だったので、車窓からしか撮れなかったのです。
あるお寺の周囲は長閑な佇まいのところに今年初の鶯の声を聴きました。
そしてソメイヨシノもチラホラと咲き始めていました。
水仙も群れていて色々な水仙が今を盛りと咲いていましたが・・・
今も眼に焼きついています。

千葉へ_c0187781_1816932.jpg

千葉へ行く時に我が家のゆすら梅が五部咲きになっていました。

千葉へ_c0187781_1817688.jpg


千葉へ_c0187781_18172291.jpg


千葉へ_c0187781_18173655.jpg


千葉へ_c0187781_1818120.jpg

車窓から・・・

菜の花が満開でした。走っているとこんな風景が良く見られました。

千葉へ_c0187781_18191842.jpg

単線の線路の脇にも菜の花が群れています。

千葉へ_c0187781_1820422.jpg


菜の花の前には姫踊子草が群れています。

千葉へ_c0187781_18204382.jpg

長閑な田畑に水が張りキラキラと煌いています。

画像短歌

千葉へ_c0187781_23404462.jpg


☆単線を挟みて群れる菜の花と姫踊子草の内房は春

短歌

★河津咲き染井吉野は膨らんだ鴨もすいすい待ち侘びている      すやきんさん

☆スイスイと泳ぐ水鳥見下ろして染井吉野はまもなく開花        (返歌)

★この年もクリスマスローズは俯きて庭隅に咲けり紅白揃ひ       瑞希さん

☆去年(こぞ)に見たクリスマスローズ一叢をこの春見たし御苑を訪ね  (返歌)

★春の使者シルクロードの便り載せ 霞みの如く黄砂に煙る       大和三山さん

☆春霞シルクロードの旅の夢覚めて幻大和平野は            (返歌)

★仰ぎ見る花の命のせつなさを雨を恨みの尽くせぬ力           mikoさん

☆二三輪咲き初む花の儚さよしとどの雨に明日は散るらむ         (返歌)

★春近し北に帰るや白鳥の今宵も飛びぬ鳴き声高く            tokujiさん

☆白鳥の甲高き声春の宵北帰行の日まだ訪れず               (返歌)

★まだ咲かぬ桜の木にも春きたる化粧なおしの名残り雪降る       tokujiさん

☆桜木の固き蕾の会津にも春の兆しにまた雪が降る             (返歌)



俳句

★余部(あまるべ)の空を気動車春の蝶   迷愚さん

★水仙がぱっと開きし庭のはし       三太さん

★催花雨や褒めて腐して実を育て      すずめさん

☆催花雨に今朝は三部の花となり      (返歌)

★桃咲いて桜三分の峡の暮         迷 愚さん

川柳

★ 白衣着りゃ藪も竹の子もみんな医者  もくあみさん
by kotonoha222 | 2010-03-24 18:21 | 千葉へ

弥生も後半に・・・

早三月も十九日になりました~!

さいたま市に統合されてから公民館がスムースに使えなくてあちこちへと放浪生活です^^
今日は少し遠くの公民館へ~~
行く道筋に咲いていた花々を撮りました。
時間も無かったのでほんの一部です!
弥生も後半に・・・_c0187781_217466.jpg


弥生も後半に・・・_c0187781_20581655.jpg

ミモザ

☆数年の時を隔てて仰ぎ見るミモザは遠き恋の想い出

弥生も後半に・・・_c0187781_20583912.jpg

花桃

☆屈託なき花桃に歩を緩めつつ遅刻承知でカメラ構えり

弥生も後半に・・・_c0187781_20591257.jpg


弥生も後半に・・・_c0187781_20593448.jpg


弥生も後半に・・・_c0187781_2101559.jpg


弥生も後半に・・・_c0187781_2104935.jpg

連翹

弥生も後半に・・・_c0187781_2111818.jpg

ユキヤナギ

迷いつつ歩く田畑にユキヤナギ小枝に積もる淡雪のごと

弥生も後半に・・・_c0187781_211392.jpg


弥生も後半に・・・_c0187781_212021.jpg

白木蓮

弥生も後半に・・・_c0187781_2123478.jpg


弥生も後半に・・・_c0187781_2125553.jpg


弥生も後半に・・・_c0187781_107297.jpg


弥生も後半に・・・_c0187781_10224069.jpg


弥生も後半に・・・_c0187781_10232618.jpg


弥生も後半に・・・_c0187781_10234434.jpg


弥生も後半に・・・_c0187781_10251571.jpg

庭に水仙が一輪だけ咲いていました。

短歌

★押し花に去年の桜恋文に 枯れても変わらぬ永久君の愛   ひよこさん

俳句

★遠山も外山も目覚めやま桜   迷 愚さん

★しだれ咲く千年桜奥山田   三太さん

★闇の中光に浮かぶさくらかな 三太さん

皆様へ

三月は色々な節目の年ですね。そんな中風邪を引いてしまいました。いつも書き込み有難う ございます。
風邪が治るまでブログをお休み致します。宜しくお願いしますm(__)m    しおり

by kotonoha222 | 2010-03-19 21:02 | 弥生も後半に・・・

暖かかったり冷たい風や雨が降ったり春に目覚めた花たちは戸惑うように日々です。

河津桜と染井吉野が並んでいる小学校が近くにあります。
河津桜に気が付いたのは梅もそろそろ終わりという頃でしたが、紅梅?と思う程赤くて目だっていました。
そういえば去年も一方の桜が終わると次の桜が咲いていたな~と思い出しました。
そしてその頃の事も桜と共に甦ってきますね。
撮りにくい場所なのですが、鮮やかさに惹かれて撮りました。
春の花 画像短歌それぞれ_c0187781_205411.jpg


☆去年(こぞ)のこと語る桜やしみじみと

☆刻(とき)移りやがて桜の淡さかな

☆わが街の河津桜の盛る日に染井吉野の北上を知る

春の花 画像短歌それぞれ_c0187781_23584766.jpg


☆華やかに河津桜の咲きにけり始業のベルの鳴る校庭に

春の花 画像短歌それぞれ_c0187781_2332211.jpg


この頃に親友が亡くなりましたそして十年以上経ち孫が生まれました。思い出の多い三月です。

☆鈴なりの馬酔木の花の咲く頃に命がうまれ命がきえる

☆遠ざかる想い出遥か鈴なりの馬酔木に偲ぶ君の微笑み

☆良きことも悪しきこともあり馬酔木咲く

春の花 画像短歌それぞれ_c0187781_026128.jpg


☆猫やなぎ花穂の風に揺らめけばじゃれたかの日のニケ甦る

☆川楊(かわやぎ)やちょっと触れたき路の端

春の花 画像短歌それぞれ_c0187781_1382250.jpg


☆朽ち果てた畑にも春の風ふけばシデコブシ咲く真っ新に咲く

☆シデコブシ花弁揺らめく荒れ地かな

春の花 画像短歌それぞれ_c0187781_6594047.jpg


☆一夜明け路面を濡らす春の雨梅桃(ゆすら)の芽吹き促すように

☆昨日より今日の白さのゆすらかな

短歌

★彼岸くる冷たき雨に打たれつつ春の景色を思い浮かべり    tokujiさん

☆春爛漫寒さのなかに浮かびくるあの眩くも煌く春の日      (返歌)

★ご近所も春爛漫に近づいて手始めに咲く桜草なり       すやきんさん

俳句

★宝塔の風鐸風のさくら草   迷 愚さん

☆さくら草宝塔過ぎる風の中

☆フルフルと靡く薄紅サクラソウ

工事中

by kotonoha222 | 2010-03-18 21:02 | 春の花 画像短歌それぞれ

曇り晴れ曇り

三月も中盤です。何だかこの頃の季節の移り変わりの激しさに着いていけないようです。
昨日は温かく今日は寒くは無いものの一時ぱ~と明るい日差しになりあっと言う間に曇り空に戻りました。
不思議なもので曇り空と晴天の日の気持ちの違いあります。
そんな曇り空になってから一時間程近くをブラブラ散策です。

いつも行く公園は冬景色でした。
辛夷の大きな木があるのですが、遠目には蕾が見えましたが全く咲いていませんし、膨らみも見えません。
こまの公園はソメイヨシノで綺麗な公園ですが、全くの蕾状態・・・
その公園だけが季節に取り残されているように感じました。

それでも道筋には春らしい花がチラホラ咲いています。

曇り晴れ曇り_c0187781_18413069.jpg

金網越しの紅の椿

曇り晴れ曇り_c0187781_1842367.jpg

同じく白い椿

曇り晴れ曇り_c0187781_18424940.jpg

小学校に咲いていた桜(河津桜)

☆わが街の河津桜の盛る日に染井吉野の北上を知る

曇り晴れ曇り_c0187781_18442185.jpg


曇り晴れ曇り_c0187781_18445526.jpg

ネコヤナギの先は赤いなんて初めて発見しました。

☆戯れに触りたくなり猫柳

曇り晴れ曇り_c0187781_214288.jpg


曇り晴れ曇り_c0187781_18454128.jpg

ピンクの馬酔木

☆リンリンと鳴るごと馬酔木たわわなり

曇り晴れ曇り_c0187781_18562839.jpg


曇り晴れ曇り_c0187781_18462089.jpg

白の馬酔木

曇り晴れ曇り_c0187781_18471871.jpg

細い枝越しのミモザ

曇り晴れ曇り_c0187781_18475144.jpg

シデコブシ

曇り晴れ曇り_c0187781_184817100.jpg


曇り晴れ曇り_c0187781_18485330.jpg

暈け気味の水仙^^;

曇り晴れ曇り_c0187781_13521534.jpg


曇り晴れ曇り_c0187781_2259716.jpg


久々に快晴の関東です。でも気温は高いですが、次第に雲って来ました~

珍しくも無いのですが、近くの校庭に色々な種類の椿が咲いています。
今でもまだ綺麗な紅白の椿は子供達が遊んでいる姿を見守って微笑んでいるようです!

☆子等の声ひびく校庭フェンス越し椿のぞかす赤と白とが

☆子等の声響くかたえに椿かな

☆戯るる子等の声聞く椿かな

俳句

★待ちきれず福寿の花に蜜もとめ    愚考さん

★まんさくやきのふけふ雨あすもとか   迷 愚さん

★いま開くやがて百花のしでこぶし    三太さん

★校庭に咲く梅桃ささやかに        三太さん

★夕べには蘂もあらはに紫木蓮    迷 愚さん

★我が家にもやっと咲いたね立金花    三太さん

★ぽっかりと口を広げて木通(あけび)咲く   三太さん


短歌

★しでこぶし春の日あびて咲し道見上げて思う四季の味わい     三太さん

★菜の花のこれでもかと云う真っ黄色ハイキングでも軽い足取り   すやきんさん

★白寿こゆ訪ねる友は手をとりて話しはずむも吾を誰かと       tokujiさん

☆人のため尽くせし友は白寿過ぎ見え隠れする言葉の危うさ      (返歌)

★すずらんの花に似ている花咲いて路に小さな雪のかたまり    三太さん

★目に泪異国の友の枕花 白花一輪春風哀し    ひよこさん
by kotonoha222 | 2010-03-15 18:52 | 曇り晴れ曇り

弥生の晴れの花

久々に快晴になりました!
今日は土曜日、病院に行ったり雑用で一日が暮れました。
上の孫娘は母親がいないので、私にべったり。
遊んでやるのですが、エンドレス・・・

流石に疲れます。母親のいない寂しさをあまり顔に出さずに健気ですが、三歳児の何処にあんな体力が潜んでいるのだろうと・・・
凄いです^^

昼寝をした隙に近所散策です。三時過ぎると青空は少なくなっていました。
でも春の息吹があちこちに感じられます。

弥生の晴れの花_c0187781_2131475.jpg

いつの間にか木蓮が満開です!

弥生の晴れの花_c0187781_21346100.jpg


弥生の晴れの花_c0187781_214592.jpg

オオイヌフグリ

弥生の晴れの花_c0187781_214396.jpg

ムラサキハナナ

弥生の晴れの花_c0187781_2151596.jpg



弥生の晴れの花_c0187781_2154633.jpg


弥生の晴れの花_c0187781_2161314.jpg


弥生の晴れの花_c0187781_2163229.jpg

オキザリス

弥生の晴れの花_c0187781_2174688.jpg

スズランスイセン

弥生の晴れの花_c0187781_2181253.jpg


弥生の晴れの花_c0187781_2183243.jpg

ラッパ水仙

弥生の晴れの花_c0187781_219229.jpg

木瓜の花

弥生の晴れの花_c0187781_2219136.jpg

ユキヤナギ

弥生の晴れの花_c0187781_2112874.jpg

ブロッコリーの花

弥生の晴れの花_c0187781_21162886.jpg

マーガレットコスモス

弥生の晴れの花_c0187781_2232665.jpg


☆カーテン越し明るき春の日差しあり映る鳥かごゆらゆらとして

短歌

★雲あつき空の一角ぽっかりと出口のごとき光の漏れる    さよこさん

★パリの街賑わうエッフェルシャンゼリゼ静かで清かモンパルナスよ!  すやきんさん

★春来ればかわいい蘭の贈り物控えめなれど美しき花   三太さん

俳句

★ 迎春花街角に見て足を止め    三太さん

★晨見て夕べ眺むるもくれんげ      迷 愚さん

★ベランダで春待ち顔のゼラニューム   もくあみさん



★丘の上モンパルナスよ我が青春   すやきんさん
by kotonoha222 | 2010-03-13 21:13 | 弥生も後半に・・・

雹から雪へ

弥生になり寒の戻りのような日々が続いています。
お天気良くなったら散策へと思っていてもこんな状態、なかなか散策する気分になれません。
今日は趣味の会の日、カメラ持参で出かけても雨の中ではなかなか撮れなくてただ重い思いをしただけでした。
途中咲いていたオミナエシ
雹から雪へ_c0187781_19473134.jpg


公民館の窓越しの沈丁花
雹から雪へ_c0187781_1949142.jpg


柊南天
雹から雪へ_c0187781_19495221.jpg


雹から雪へ_c0187781_136018.jpg


雹から雪へ_c0187781_958212.jpg


雹から雪へ_c0187781_9582957.jpg


雹から雪へ_c0187781_1310737.jpg

ヒマラヤユキノシタ

雹から雪へ_c0187781_13105480.jpg

フジバカマ

雹から雪へ_c0187781_13113293.jpg


雹から雪へ_c0187781_13115690.jpg

新芽と雪

雹から雪へ_c0187781_13123023.jpg

サクラソウ

雹から雪へ_c0187781_1313742.jpg

ジャノメエリカ

雹から雪へ_c0187781_13135531.jpg

房咲水仙

雹から雪へ_c0187781_13154968.jpg


雹から雪へ_c0187781_2124536.jpg


先日の雪が降った日の写真ですが、関東はあっけなく夕方には道路には雪が残っていませんでした。


☆春待てど弥生の雪にうなだれるわが身重ねて見いる水仙

☆雨だれにたわむ水仙角の道

短歌

★残り火の火鉢の温もり椿がら 君は雌しべと冷えた手握り   ヒヨコさん

★うすくらき奥深き森ひっそりと咲く猩猩袴花に酔いしれ      三太さん

★椎茸の生えて嬉しき雨後の朝木陰の庭も楽しきもので    三太さん

★春なのに寒さ続きて街路樹はオブジェの如きプラタナスあり   tokujiさん

☆雪だるま一夜の雪をかき集め作るも午後には呆気なく消ゆ

★パソコンを妻に手ほどき頼まるる吾も初心に返るひと時     tokujiさん


俳句

★昨日今日明日も雨とか辛夷咲く   迷 愚さん

★轟々と雲を巻き上げ冬嵐      ひなげしさん

★寒もどり メジロが花に さんざめき  魚心さん


川柳

★ちんちんと昔の電車地下を行く   すやきんさん

★総理には成りたくないね突かれる  すやきんさん
by kotonoha222 | 2010-03-09 19:54 | 雹から雪

弥生の雨の花

今日、日曜日は雪が降る予想の関東でしたが、雪も寒さも言われた程でもなく寒いながらも過ごしやすいような朝でした。
昨日もひととき雨が降りました。
今朝も小ぬか雨のような雨が降り今は一時止んだようです。
お休みともなると出かけたいのですが、雨では出かける気にもなりませんね。

尤も今は家族のことで忙しい気持ちもありゆったりと出来ないのもあります。
今頃はあちこちにお花が咲き始めているだろうなとデジカメ散策に心が逸るのですが・・・・
庭の乙女椿が咲き始めました。

弥生の雨の花_c0187781_10564573.jpg


弥生の雨の花_c0187781_1057356.jpg


弥生の雨の花_c0187781_10572495.jpg


弥生の雨の花_c0187781_10573867.jpg


弥生の雨の花_c0187781_1058543.jpg


弥生の雨の花_c0187781_10582155.jpg


弥生の雨の花_c0187781_17145589.jpg


弥生の雨の花_c0187781_11161437.jpg


☆春めける街に出でたき衝動も抑へる椿濡れるすがたに  

☆朝の雨隈なく濡れる椿かな

俳句

★春の日に光るネコノメきらきらと   三太さん

★今日は晴れ日向ぼっこの鴨の池  すやきんさん

★福寿草花ほころびて春を告げ    愚考さん


短歌

弥生の雨の花_c0187781_17384038.jpg


★春雨に溢れるごとく涙して乙女の椿咲くも麗し  三太さん

☆春告げる冷たき雨にしとど濡れ一層愛らし乙女椿は

☆冷たくも春の予感に打ち震え乙女椿は輝きを増す
by kotonoha222 | 2010-03-07 11:02 | 弥生の雨の花

晴れた日の梅など

今日は3月3日ひな祭りでした。
神戸へ行った時に撮った雛壇飾り、記念に載せて置きますね。
晴れた日の梅など_c0187781_20858.jpg

☆雛祭りの想い出遥か雛壇の旧き人形見入りし時代

☆雛人形数多乗せつつ三隻の舟は神代へ向かうかのやう(淡島神社)

☆雛流し古き記憶の甦る郷の川面にたゆたふ人形

先日は雨の上がった日に近くの梅を撮ったのですが、今日は快晴!
梅の花も満開に近くなりました~
この位の時の梅はどの花も痛みが無くとても綺麗ですね!
晴れた日の見頃の梅という感じです!
本当に近くの梅の木々などです。
晴れた日の梅など_c0187781_18105716.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_18113149.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_1812158.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_18123747.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_1813070.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_18133126.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_18135857.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_18142250.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_18144818.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_18151427.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_18154281.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_18164049.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_1817658.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_18173996.jpg


晴れた日の梅など_c0187781_18204547.jpg

福寿草が一杯になって咲いていました。
例年増えているようです!
晴れた日の梅など_c0187781_18231029.jpg


短歌

★静かなりひときわ目立つ花ありて水面に浮かび気品すらあり   三太さん

★白梅の幹にへばりて咲く様は命そのもの謳歌せし春   三太さん

★白梅と不似合い空の菜種雨 梅柄番傘春待つ君よ    ヒヨコさん

俳句

★針槐一樹咲きをり春半ば      迷 愚さん
(はりえんじゅ)

★派手なるも紅弁慶の可憐なり    三太さん

★淡島や三月三日の夕間暮れ     迷 愚さん

★梅の白幹の暗さを引き立たせ    三太さん

★雛の日や淡島神社の千度石     迷 愚さん

★淡島に薄暮三月三日かな      迷愚さん

★カラー咲く外はサラッと雪景色   もくあみさん

★白梅のこぼすしずくや色淡く    すずめさん

★遅れしも咲く水仙に礼を言い    三太さん

★昨日降り明日も雨とか白木蓮    迷 愚さん

★花咲けば何故かこころも気も晴れて   三太さん

★啓蟄や和歌山城の野面積(のづらづみ)   迷 愚さん

★シーバスに弁当持込み花見しよ       すやきんさん

★内裏様向い合わせて稚児帰る        小鹿さん





梅の花

福寿草 

春です
  
田舎の道にて

梅の花春思う  (まみさん)
by kotonoha222 | 2010-03-03 18:26 | 晴れた日の梅など

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。