ブログトップ | ログイン

言の葉綴り(詩歌の世界)

カテゴリ:乙女椿一輪( 1 )

乙女椿 一輪



冬枯れの色の少ない庭の中で乙女椿が一輪咲きだしました。
殆どの蕾が固くまだまだの中です。
昨年は暖かかったせいでしょうか。サクラソウも咲いているものが見受けられます。
春を待ちきれないという感じです。

作年はあっと言う間に過ぎてしまったようです。
思い返せば色々ありました。
久々に新潟へ帰った時、私の女学校時代過ごした街をバスで廻って
こんなに情緒ある街だったのかと改めて知りました。

今年はどんな年になるのでしょうか。元号が変わる事が一番大きな変化かもしれませんね。
2020年には私にとって二度目のオリンピックをテレビ越しですが、観戦する事が出来るのも
大きな事です。


c0187781_17592222.jpg



いち早く顏出す椿庭のなか控え目ながら惹かれる淡さ



by kotonoha222 | 2018-12-26 12:15 | 乙女椿一輪

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31