様々の恋②

女性なら誰でも内にある恋心を自然やお花、想いを歌に綴って行きます~

☆人は知る微かな芽吹き見出して繋ぐ生命(いのち)の尊きことを

☆縁あらば人も自然もすべからく再び芽吹く歓びに満つ

☆ネットと言う仮想世界を現実に心と心繋ぐ嬉しさ

☆人と人言の葉交わし育まる友情と言う温かきもの

☆小春日や君偲びつつ微睡みぬ

c0187781_2144022.jpg


☆「冬ソナ」を涙浮かべて見入る君遥かな日々の愛を偲びぬ

☆恋という媚薬に酔いし夜もすがら波立つ想い誰が静むるや

★ある時は★

☆わが膝にちょこんと座り幼子の液晶差す手の愛らしきかな

☆弾むよな小(ち)さな声して歌ってる無垢なる天使幼子のいて

☆ある時は「バアバ」の顔しある時は女でもある我の性(さが)あり

★せつなさを抱きあぐねしこの胸に枯野の果ての夕あかね雲    ポエット・Mさん

★寄り添える肩のはざまに散るもみじ君との距離は無しと思うに   ポエット・Mさん

c0187781_2245162.jpg


☆しっかりと握る君の掌ぬくもりで夜半の風さえ優しく伝う

★初恋★

★過ぎし日のすいみつとうの若き恋告白も無く忘却となり   ほのかさん

☆遥かなる青春の日々懐かしき恋に恋した無垢なる頃が

☆華やかな彩よりシックなモノトーン君のジャケット印象的だ

☆眼が合えば視線逸らして俯ける青き時代のわが姿なり

☆風貌に君の面影見出せぬ侭に逝きたり初恋の人


★大人になって★

☆涙降る如く路面を濡らしいく恋の切なさ雨音に聴く

☆雨音はショパンの調べ冬の夜の激しく甘く路面を叩く
c0187781_1081759.jpg


☆わが情け内なるものの湧きいずる生うけ認む恋の醍醐味

★新月の闇夜のやうなる吾が想ひ光求めてもがき苦しむ      こもれびさん

★携帯の光らぬことの意味を知る 沈黙と言ふ君のメッセージ   こもれびさん

c0187781_10271174.jpg


☆夕闇がやがて漆黒の闇と化す手繰り寄せたし君の情けを

☆一言のメールでも良い温かき君に触れたし今のわが身は

★一片(ひとひら)の君が言の葉魔法なり吾が生活をいきいきとする   こもれびさん

★まほろばと言ふ世界のあらば行きたきよまだ見ぬ君と手と手を携え  こもれびさん

c0187781_10143371.jpg

★素材よりお借りしました★

☆お互いの想いの果ての逃避行せめて行きたし夢のまほろば

☆言の葉の意味する所多かりて明暗分ける今日と言う日を

☆君知るや一言に篭る愛あらば明日に繋がる今日の幸せ

☆握手してあなたの背(せな)を見送りぬ耳に残るは重き靴音

c0187781_22354057.jpg


★喧嘩してごめんと云えぬ恋人の甘えて求む膝まくらかな  ほのかさん

☆恋人と喧嘩の後の膝枕君は優しくわが髪撫でる

☆自らを無にて歌う賛美歌よけれどわが胸熱きものあり

c0187781_9584887.jpg

★フリー素材使用

☆それぞれの想いの果ての恋心苦悩を友にまた求めゆく

★別れ★

★別れても友でいたいと云う彼の瞳の奥は恋人のまま   ほのかさん

★ベランダの煙草の火だけ見にきたのあなたの影を確かめるため   ほのかさん

☆友でいい別れるよりはあなたとの永久の縁を想えば嬉し

☆白き煙細く揺らめくベランダの君の残影ただ見つめをり

★別離(わかれ)から何十年になるでしょう私の中のあなたは変わらず   ほのかさん

☆若き日の面影抱え生きているあなたは今もあの時の侭

★青春の手紙★

★ふと今日は詩を綴りおりある人に こうだったよのそんな思いで   大和三山さん

★過ぎ去りし幾年月も昨日かと 書いた手紙に思いを馳せる       大和三山さん

☆ある女性(ひと)に想いの丈を聞かせむと下書きに記す今日の出来事

☆遥かなる記憶新たに甦る文(ふみ)認(したた)めたかの女性(ひと)の事

★わら半紙に滲む文字には彼の女(ひと)へ想ひ込めたる旧き文なり   こもれびさん   

☆青春の欠片を記すわら半紙に恋うる女性(ひと)への君が想いよ

★クリスマス★

☆微かなる期待を胸に君は待つ恋う男性(ひと)からのイブのメールを

c0187781_12534278.jpg

# by kotonoha222 | 2008-12-21 15:11 | 様々な恋②

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28