カテゴリ:恋歌、その他( 1 )

恋歌、その他

◎投稿された掲示板やメールでの歌の紹介と私の返歌をご紹介します。
私が事情でHPを休んでいる間も止むことの無い歌への情熱が感じられて心が熱くなります♪
大事な歌を保存も含めてこちらに載せさせて頂きました。

c0187781_1149663.jpg


◎和歌と言われていた時代ですが・・・「やまとうた」とも言われていたようですが、漢詩に対する呼称だそうです。
万葉の時代から、日本独自の抒情詩として時代を越えて人びとに詠まれ、親しまれています。
「和歌」は恋する人への熱い想いを伝える重要な「道具、手段」で今で言うと携帯やeメールの役目をしていたみたいです。
相聞歌としての和歌は上達の早道とも言われているそうで、特に恋の歌は柔らかな言い回しになり一般の短歌にも良い影響を与えるような気がします。
そのようなこともあり恋歌を主に詠み載せる事にしています。

c0187781_1113254.jpg

★恋歌★

☆果てることなき新年の恋綴りゆとりで更に増す艶やかさ

☆グレーゾーンあると言うことつい忘れ恋の辞典に加える夕べ

★巡りくる胸ときめきしかの人の如何におわすや安否尋ねる   tokujiさん

c0187781_12544513.jpg


★冬の向日葵★

☆ひたむきにか細き命繋ぎける冬の向日葵ひだまりの中

☆移りゆく季(とき)の狭間の彩冴えて初冬(ふゆ)の向日葵吐息を漏らす

☆どんな人と聞かれてから考えたそうね向日葵冬のひまわり  ほのかさん

☆遠い恋偲べば胸に甦る君の印象冬のひまわり

c0187781_1614952.jpg

★箱根駅伝★
★写真は「粋人亭の親父」さんからお借りしました。

☆青春の襷に掛ける熱気あり額に汗の若さ美し

☆箱根山下れば見える駅伝のただひたすらに目指すはゴール

☆沿道の掛け声耳に響きけり選手は走るただただ走る

☆東洋大初の総合優勝の栄誉の汗の滲みこむ襷

☆大手町悲喜こもごもの各校の選手の胸中ふとしのび入る

☆歓喜の輪広がる東京大手町満面の笑み東洋大学

★胴上げを横目で見やり選手たち思い新たに来年に向く tokujiさん

☆ただ一校襷繋げず城西大繰り上げスタート無念さに泣く

c0187781_20455679.jpg



★お節★

★三日経ち お重の隅に まだ節 留まりおれど 誰も手出さず   大和三山さん

☆正月の三日となればお節よりホカホカ鍋が恋しい夕べ

★紅白歌合戦★

★紅白は豪華な飾りに踊る曲流れる歌は聞いたこともなし  愚考さん

☆しみじみと聴く歌は無く豪華さを競う「紅白」興味も失せり
by kotonoha222 | 2009-01-03 11:13 | 恋歌、その他

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30