カテゴリ:大崎公園 夏( 1 )

大崎公園 夏

今日は大崎方面へ行ったので、帰りに大崎公園へ寄ってみました。
平日なので、人は少なかったのですが、暑い日だったので、ご家族連れが多く
子供さんの水場遊びが涼しそうでした(^^)
c0187781_19562095.jpg

紫陽花も終わり今はお花の少ない時みたいです。
花時計も植えたばかりでサッパリしていました。

c0187781_19573696.jpg


c0187781_1958663.jpg


c0187781_19591079.jpg

睡蓮のお花が無くて葉っぱのみですが、又雰囲気ありますね。

c0187781_2015517.jpg

違う場所で・・・

c0187781_2024970.jpg

メタセコイアに実が生っています。

c0187781_20411.jpg


c0187781_2044634.jpg

遊園地へと行く親子づれ

c0187781_2095881.jpg


c0187781_20103421.jpg


c0187781_2011548.jpg


c0187781_2012381.jpg


c0187781_20331449.jpg


c0187781_21275093.jpg


c0187781_20462359.jpg


c0187781_2013367.jpg


c0187781_20141281.jpg


c0187781_20155598.jpg


c0187781_20162163.jpg

青葉が美しい~

c0187781_2017267.jpg


c0187781_20194638.jpg


c0187781_20175763.jpg


c0187781_2024199.jpg


c0187781_21285333.jpg


桜の花の舞ふ頃に
詩歌のネットのお友達が今回歌集を出しました。
郷土史編纂の著者、故小林楓村氏(兵庫)を祖父に持たれる女子の詩歌の同好会のお力添えだそうです。
郷土図書館の蔵書として又山梨県立図書館 愛知図書館にも保管されるそうです。

私の写真短歌も載せさせて頂いています。

c0187781_0111937.jpg

ひなげしさんの歌集

c0187781_0114827.jpg


☆君が詠む「桜の花の舞ふ頃に」捲れば見える命の言葉    しおり

朝顔

★朝顔の蕾数える老夫婦               諒さん   

☆朝顔の蕾に明日を待つ老夫婦 (ふうふ)     (返句)

☆朝顔や軒下這わす老いふたり

槿

★梅雨の間に底べに装うむくげ花ひと日の花の いのち燃やせり    ポエット・Mさん

☆狭庭べ(さにわべ)に上へ上へと花むくげ大輪の艶今日を咲かせよ      (返歌)

江戸風鈴

★ほうずきの売り手買い手の浅草で 初夏告げるか江戸風鈴が    ヒヨコさん

俳句

★細々と句を詠むごとく山ぼうし     ひなげしさん

★ホウズキの音も懐かし姉ありて    歩みさん

シロツメグサ

★道端にシロツメグサを見て想うおさげを結いし淡き面影   tokujiさん



蛾と言われ嫌う人あり吾白く何も隠さずさらけし吾を   mikoさん
by kotonoha222 | 2009-07-09 20:18 | 大崎公園 夏

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31