カテゴリ:雨のち曇り( 1 )

雨のち曇り

今日は午前中はかなり降っていて午後趣味の会があり少し気が重かったのですが何とか雨が上がってくれました。
ついでにカメラを持参して行ったので、帰りの四時過ぎに咲いていた花などパチリです。
代わり映えしないのですが、こんな時は仕方ないかなと・・・
この時期カルガモ一家の可愛い姿が見られますが私の近くの鴨池にもカルガモ一家がいます。
最初九羽いたカルガモの子も今は六羽になったとか?カラスか蛇に食べられてしまったらしいです。
先日も可愛い一家が見られました。
雛の時は親鴨の後に従っていたカルガモの子は今は逆に親鴨が最後尾に着いて見守っています。
親離れの時期も遠くないのですね。
c0187781_14135896.jpg


★九羽いた軽鴨(かる)の子日ごと減る数に視線離さぬ親鴨のいて

★親鴨や六羽の水輪見守りて

この侭一羽も減らずに成長して欲しいと願うばかりです。

c0187781_19465193.jpg

カルガモの子はあっちこっちと自由気侭にいくので、親鴨を入れられなかったのです。

c0187781_1950024.jpg

そうこうしているうちに葦の木陰に消えて行ってしまいました。

c0187781_19504783.jpg

タチアオイ

c0187781_19582228.jpg

カンナ

c0187781_19591930.jpg

ヒオウギスイセン

c0187781_19595532.jpg

黄色のユリ

c0187781_2002320.jpg

赤オレンジのユリ

c0187781_2012642.jpg

アガパンサス

c0187781_2015757.jpg

キイチゴ類

c0187781_2031237.jpg

ブラックベリー(キイチゴ類)


c0187781_2033821.jpg

ボタンクサギ

c0187781_2043212.jpg

ノーゼンカズラ

五月雨

★五月雨や野に咲く花をお辞儀させ        一也さん

梅雨晴れ

☆梅雨晴れの野花やそろり面上げ         (返歌)

雨のひまわり

☆重たげな向日葵しとど濡れそめて更に重たげ雨蛙鳴く

梅雨

★梅雨最中少し覗いたその月を すかさず隠す意地悪な雲    大和三山さん

☆恒例の散歩の夫婦梅雨最中 月なき夜の会話は沈む       (返歌)

ホウズキ市

★浅草のホウズキ市に若芸子 浴衣に粋な観音様が  ヒヨコさん

しりとり

★しりとりを呆けの防止と取り組んでお陰で今も兆候はなし   愚考さん



★初夏を知る蓮の絨毯弁天堂 夏鳥舞え立つ不忍池   ヒヨコさん
by kotonoha222 | 2009-06-30 20:04 | 雨のち曇り

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31