カテゴリ:鎌倉散策③( 1 )

鎌倉③

鎌倉散策もあちこちのお寺を廻ったので、頭を整理しながら載せています。
間違っていたと気は指摘してください~
捨てがたい場所もあるので、残して置きたいと思います。
前後すると思います。^^;
c0187781_10222228.jpg

浄妙寺の白藤
c0187781_1023169.jpg


c0187781_10234283.jpg

浄妙寺紹介のHPにもこの井戸に横たわっている猫ちゃんが載っています。
名物猫みたいです。そしてこの猫ちゃんはこの井戸の上が好きみたいですね(^^)

☆古井戸や猫のうたたね長閑なり

c0187781_10292945.jpg


☆かたときも羽を休めず黒アゲハ花から花へ庭を飛び交う

c0187781_1037172.jpg

牡丹

c0187781_10373443.jpg


c0187781_10385359.jpg


c0187781_10391845.jpg

コデマリ

c0187781_10395058.jpg


c0187781_11274258.jpg


c0187781_10403664.jpg

◆鎌倉駅から浄妙寺へ…
 鎌倉駅東口より5番線のバスに乗車し
 「浄明寺」バス停下車、徒歩約5分。

◆石窯ガーデンテラスへ…
 浄妙寺山門より中へ入り、徒歩約3分。

自家製のパンを作ってレストランや外の自然に囲まれたカフェで食す事が出来るとっても素敵な場所です♪
すっかり気に入りました。
ここで軽くコーヒーとパンを頂きました~(^^)

c0187781_10442286.jpg


☆坂道を上ればそこはガーデンテラスうつつ離れた異空間なり

c0187781_10444992.jpg


☆珈琲を飲みつつ聴ける鶯の音色優しき鎌倉は初夏

c0187781_10451138.jpg


c0187781_1253964.jpg


c0187781_1046682.jpg

窓の蔓がいい雰囲気です。(薔薇)

c0187781_1048426.jpg


☆山うぐいす声のみ響く静けさや

c0187781_10482778.jpg


☆有り余る自然を横に寛げば生きる悦びふつふつと沸く

c0187781_10485280.jpg


降りて・・・・

c0187781_1049207.jpg


c0187781_10501522.jpg

男性が何も無さそうなところに向かいカメラを構えていたので、見たら鎌倉名物「リス」でした。

c0187781_10515747.jpg


c0187781_10524019.jpg

いたる所に咲いているお花

c0187781_10532040.jpg

シラン(赤)

c0187781_1223495.jpg

シラン(白)

c0187781_10542915.jpg

モッコウバラ

c0187781_10561045.jpg


c0187781_110117.jpg

荏柄天神   菅原道真を祭ったと言われています。
c0187781_10563746.jpg


c0187781_1113892.jpg


c0187781_1135195.jpg


c0187781_1142085.jpg


c0187781_1145798.jpg

階段の両側にシャガが溢れんばかりに咲いています。

c0187781_1282622.jpg

降りて・・・・

c0187781_111089.jpg

住宅地にて・・・・鉄線の青が眩しい~

c0187781_11123094.jpg


c0187781_1113193.jpg


c0187781_11134950.jpg

お花で溢れていて素敵でした~

c0187781_11144366.jpg

鶴岡八幡宮の源平池にて・・・

c0187781_11153926.jpg


c0187781_1116329.jpg

つつじ真っ盛り

c0187781_11163959.jpg

八重桜も終盤でした~

c0187781_11172229.jpg


c0187781_11182179.jpg

お茶した鶴岡八幡宮、横のレストランカフェ

鎌倉を代表する見どころ、「鶴岡八幡宮」の三の鳥居がお出迎え、鳥居をくぐると太鼓橋。
太鼓橋の左側、平家池のほとりに 「風の社」というお土産の定番、鳩サブレーで知られる豊島屋さんの食事処
最後は疲れ気味の暈け画像ですみません~^^;

恋歌

★それぞれの個性と個性で芽生えたるひとつの恋の素晴らしきかな    こもれびさん

☆わが個性すべてに惹かれ好きと言うそんなあたなと巡り逢いたし     (返歌)

★ちろちろと燃ゆる火の如吾が裡に恋の想ひの絶へることなき        こもれびさん

★君からの携帯メールの途絶えなばただの箱なり寒々しきもの        こもれびさん

★木洩れ日の道を進めば出会ひさうあの日の君と吾が熱きもの        こもれびさん

☆かの日々の熱き想いは忘れまじ刻みこまれし愛の軌跡を          (返歌)

☆「友情」に変わりし日々の穏やかで温かきものわが裡にあり         (返歌)

ーーーーーー☆ーーーーーーー☆ーーーーーー☆ーーーーーー☆ーーーーーーー☆ーーーーーー☆ーーーーーー☆

沢山の画像を見て頂き有難うございました♪
by kotonoha222 | 2009-04-29 11:00 | 鎌倉散策③

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31