カテゴリ:言の葉綴り(大崎公園②)( 1 )

ここの所暑いほどの日々が続いています。
夏日のようでも日当たりの良い私の部屋はひんやりしています。
冬は日差しが溢れるように入ってきていたので、陽の位置が変わったのでしょうね。
やはり春の日差しは夏のものと違ってキツサが無い所が助かります(^^)
朝晩はひんやりして来ます。大崎公園の続きです・・・・・
c0187781_9234638.jpg

ちょっとした遊園地もあり動物園もあるのですが、四時過ぎに行ったのでもう閉まっていました。
画像も鮮明には撮れなかったのですが・・・子供には楽しい所のようですね(^^)

c0187781_5534279.jpg

きのこの形のテーブルと椅子  可愛い~♪

☆子等の夢一杯詰まった公園で飽かず戯る暮れゆくまでも


c0187781_549036.jpg

ノースボール

c0187781_5524894.jpg

八重桜とハナミズキ


c0187781_55719100.jpg

タンポポもこの頃になるとあちこちに咲いています。

c0187781_5592785.jpg

ここの公園は木の形と配置がいいなと思います。

c0187781_612299.jpg


c0187781_672883.jpg


c0187781_68719.jpg


c0187781_683359.jpg


c0187781_6905.jpg


c0187781_6102623.jpg

何の鳥?

c0187781_6103178.jpg


c0187781_615624.jpg


c0187781_6122510.jpg


c0187781_6185010.jpg


c0187781_5495517.jpg

この公園は随所にベンチが置いてあり人に優しいなと思いました。

暮れなずむ中のベンチは哀愁を感じます。

☆「ベンチには座った人の歴史あり」友の言葉にふと過ぎる日々

★黙(もだ)しつつ人の嘆きに寄り添うや残照に浮く ベンチかがよう    ポエット・Mさん(返歌)

☆人気なき園にベンチは佇みて暮れなずむ中語りゐるごと

恋歌

☆ぬくもりに触れたき想い募る日の翼を借りて君に逢いたし

☆わが背(せな)に翼があれば君がもと窓辺に佇ちて詠う恋歌

タンポポの種

★野辺の道若人たちが走り去り 帽子の縁にタンポポの種子      さいたま日記さん

☆学生の鞄に綿毛舞い落ちて 行き交う自転車土手道は晩春(はる)     (返歌)
by kotonoha222 | 2009-04-20 06:21 | 言の葉綴り(大崎公園②)

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31