カテゴリ:鎌倉他歌あれこれ( 1 )

ここの所の暖かさでソメイヨシノは花吹雪となり今は地面にピンクの絨毯を敷き詰めたようになっていますね。
又八重桜はピンクの濃いものや薄いものそして白っぽいものなど蕾が膨らんだと思ったら一気に開花に向かっています。多分あっと言う間の満開になりそうです。

c0187781_1055251.jpg

与野公園

c0187781_10555198.jpg


c0187781_10572772.jpg


c0187781_10581395.jpg

歌の文字入れをする癖でつい片方に偏った撮り方にしてしまいます。^^;

c0187781_110770.jpg


c0187781_1112791.jpg

ブランコで遊んでいる女の子とチューリップ

c0187781_114493.jpg


c0187781_1145679.jpg


c0187781_1152190.jpg


c0187781_1154943.jpg


c0187781_1154194.jpg


c0187781_1164834.jpg

花吹雪になっているのが見えます。

c0187781_118574.jpg


c0187781_11302537.jpg


c0187781_119833.jpg


c0187781_1195178.jpg


c0187781_1111918.jpg


c0187781_11134147.jpg


c0187781_1114254.jpg


先日行った鎌倉は独特の雰囲気があり好きな街です。
友達も古典的な生地で作った洋服を着ていきたくて鎌倉へ是非行きたいとの要望でした。
私も書生絣の生地で作ったワンピースを着て往けば良かったかなと今思ったりしています。
そんな古き良き時代の風を感じさせる鎌倉です。
c0187781_11242449.jpg


☆いにしえの雛(ひいな)の顔の豊かさにふと笑み漏らす穏やかな時間(とき)

◇笑みともに呑み込む思いも込められし雛(ひいな)の顔によぎる寂しさ    Mさん(返歌)

☆古都に来て時代の風に触れる時抱かれて行くぬくもりの中

c0187781_11242831.jpg


恋歌

c0187781_11254533.jpg


☆恋う人といにしえの風感じつつ春爛漫の古都を行きたし

★江ノ電の揺れる指先初デート 散りし桜の桃色絨毯         ヒヨコさん

★いつからか愛の届かぬ寂しさに邪心花へとふと心を見遣る     ぶーさん

☆届かない愛にあらずやお互いの不安の蓄積見えないものへ    (返歌)

★思わずは愛しの人と花吹雪歩んで見たい石畳かな          歩みさん

☆願わくば花吹雪舞う石畳踏みて語らむ愛しき人と           (返歌)


カタクリの里

★年ごとに群生増して目を奪う丹精見えるカタクリの里         tokujiさん

☆カタクリの里の群生目覚しき薄紫の一面の海              (返歌)
by kotonoha222 | 2009-04-12 11:27 | 鎌倉他歌あれこれ

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31