カテゴリ:3月17日~ 言の葉綴り( 1 )

3月17日~ 言の葉綴り

ここの所数日春らしい晴天が続いていてつい陽気に誘われて少し遠くの公園へ行って来ました。
午後になるとたちまち陽は翳ってしまうので、なかなか安定したお天気には恵まれませんが・・・
それでもこの所の陽気は心も軽やかにしてくれますね~
寒緋桜や菜の花がまだ色の少ないこの時期に癒される想いです。
c0187781_11395743.jpg


☆人気なきベンチであれど温もりをふと感じたり風通りゆく

c0187781_1234263.jpg


☆パン屑に波立つ水面春の鴨

c0187781_1141611.jpg


c0187781_11413393.jpg

☆遠目にも緋色が誘う桜かな

c0187781_114222.jpg


c0187781_11433894.jpg


c0187781_11594652.jpg


c0187781_1455503.jpg


c0187781_11464677.jpg


★「見習って ! 車の前は 手を挙げて」    さいたま日記さん

c0187781_11475546.jpg


☆幼子の疲れ知らずに戯るる姿に送る視線穏やか

☆屈託なく遊ぶ幼(おさな)の声ひびくひかりの中の公園は春

c0187781_12721.jpg


恋歌

◆実らねど片想ひなれど恋は恋吾が深奥の君への想ひ        こもれびさん

◇夢かさね想い紡むぎし哀しさに沈丁の花 温(あつ)く香れよ     ポエット・Mさん

☆★沈丁花香れば君が蘇える寡黙に潜む熱き眼差し           しおり



★東雲の変わし今は春風が ハゼ釣り昔し東京砂漠    ヒヨコさん

☆麗らかな風通りゆく東京の 夢中でハゼ釣る昔偲びぬ  (返歌)

★春陽あび畑耕せば冬ごもる眠りまなこの蛙おどろき   tokujiさん

☆冬眠の蛙目ざめる春の畑 鍬の手休め深く息吸う     (返歌)
by kotonoha222 | 2009-03-17 11:51 | 3月17日~ 言の葉綴り