カテゴリ:3月1日~ 言の葉綴り( 1 )

3月1日~ 言の葉綴り

今日(日曜日)から弥生3月です。
まだまだと思っていても2月は28日までなので、早いですね~
今日の日曜日は陽が射したり翳ったりの繰り返し、一定したお天気には恵まれなかったです。
少し近くを散策して来たのですが、陽が翳ってしまいました。

特別珍しいお花も撮れなくて今後を期待しま~す。
でも近くの小学校には二本の違う種類の桜が咲くのですが、片方の桜が咲き始めていました。
いつの間に?という感じです。
金曜日には雪も散らついたので、健気に思います。

c0187781_1683195.jpg

今朝お天気が良くなったので、写真撮り差し替えました。それにしても風が冷たい日です。

c0187781_16432962.jpg

今この梅は真っ盛りです♪

c0187781_16503862.jpg


c0187781_16444836.jpg

ミモザ

c0187781_16511132.jpg


c0187781_16454166.jpg

水仙

c0187781_16462176.jpg

藪椿

★純真に熱き想いを椿姫    ちどりさん

☆銜えたる紅き椿や眼射る   (返歌)

★蕊(しべ)包みくれない冴ゆるやぶ椿裡に燃えいる焔(ほむら)に似るや  Mさん

☆葉の陰に裡なる焔秘めいるや紅さ際立つ藪椿かな              (返歌)

c0187781_16465414.jpg

花粉まみれの藪椿

c0187781_9361861.jpg

雨露の溜まった藪椿

☆藪椿一夜のしずく沈めけり

☆藪椿一夜の雨露(うろ)を沈めけり

☆かもどりのざわめきに聴く春の声水辺の紅のつばき眼に沁む

☆鴨の群れざわめく水辺葉陰には藪椿咲く紅燃えて

c0187781_1648692.jpg

三椏全開

c0187781_16485954.jpg


c0187781_16493433.jpg

鴨の水浴び

短歌

朱鷺の放鳥

★朱鷺一羽厳しい冬を乗り越えて 元気な姿を今日は高田で    愚考さん

☆放鳥後朱鷺の一羽は高田へと 元気に越冬と聞く嬉しきさよ     (返歌)

恋歌

c0187781_16104465.jpg


☆一二輪ふっくら蕾の桜咲く恋の予感にうち震えつつ

☆何となく弥生に弾むわが心桜も咲きて春もすぐそこ


春のお堀

★滑らかに描く曲線鴨の水尾ひと筋ごとに減る春の堀       青葉さん

☆春の堀水面をすべる水鳥の長閑な姿ぬくもりの瞬間(とき)    (返歌)

恋歌

★弥生ゆえ花の便りにウキウキと心弾ませ恋はまぼろし       歩みさん

☆花便り聞けばウキウキときめいて憧れの君そっと夢見る      (返歌)

c0187781_19511771.jpg

★憧れを秘めもつ胸のたかなりを告げえぬ闇に香る沈丁      ポエット・Mさん

☆わが想い告げえぬ日々の闇に咲く気高く香る沈丁花かな      (返歌)

☆闇のなかふと薫りくる沈丁花惹かれて覗く花弁愛らし        


雪景色

★勘違い啓蟄知らされ顔出せば 雪景色震え決め二度寝入り     ひよこさん

☆春の音聴こえた気がし飛び出せば 舞散る雪に震えるあした     (返歌)


c0187781_19393310.jpg

入浴剤

☆透明なオレンジの玉砕ければ乳濁色が広がるバスタブ

☆バスタブの乳濁色に包まれて手足を伸ばす寒き真昼間

☆バスタブの温みの中で癒される体の芯まで冷える弥生に
by kotonoha222 | 2009-03-01 16:52 | 3月1日~ 言の葉綴り

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28