カテゴリ:秋深む( 1 )

秋深む

秋も深まって来ましたね。
立冬も(11月7日ごろ)過ぎて暦の上では最早冬なんですね。
今の季節は秋と冬の間という感じがします。
俳句の季語では秋深むとか立冬とか・・・この前初紅葉と言ったのが今は紅葉、濃紅葉、照紅葉、
そしていずれ散紅葉・・・そして落ち葉に変わって行くのですね。
詩を詠むには今が一番感性が研ぎ澄まされる時期なのかも知れませんが・・・

c0187781_2325163.jpg


☆数多もの木立の色に秋深む

☆たどたどしき歩みのひとひ秋深む

c0187781_2326558.jpg


☆コムラサキの実の輝きて学童の笑ひ絶へない小径に咲けり

通学路みたいで、子供達が実を捥いでポケットに仕舞ったりして色々な表情でこの道を通って行きます。

c0187781_23332291.jpg


☆「ワンワン」と近づく幼(おさな)愛らしき「触ってみる?」と散歩の女性(ひと)は

子犬に興味ある幼子に見せている散歩中の方

ここは保育園の近くの小路なんです。

c0187781_23484956.jpg


☆「アンパンマン」と近頃覚え口づさむ幼(おさな)は生きる明日の日々を

c0187781_23355122.jpg

ユリオプスデイジーは長く咲くお花です。

c0187781_23364661.jpg

東北沖地震の時にこの道も亀裂が長く入っています。



c0187781_23374483.jpg

薔薇は後姿も綺麗なんですね。

☆華麗なる薔薇のため息聞いたよなある秋深む午後の背中の

c0187781_23433112.jpg


☆葉を付けた柚子の香りの仄かさよ明日は湯船に浮かべて見よう

☆柚子ひとつ湯船に浮かぶ夕べかな

☆湯気の中柚子の香りの立ちこめり

冬至にはまだまだですが、家庭菜園をやっている友達から葉のついた柚子を貰いました。
きっとわざわざ葉をつけて下さったのですね。
勿論写真に撮りました^^

☆柚子撮りて貰った友の夫(つま)の笑み

↑は飛躍かもしれませんが、写真つけてメールしたら家庭菜園をしている友達のだんな様が喜んでいたわとメールが来ました^^

とりとめもない日々を寄せ集めてみました♪
by kotonoha222 | 2011-11-09 23:44 | 秋深む

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31