カテゴリ:2月11日~ 言の葉綴り( 1 )

2月11日~ 言の葉綴り

昨日2月11日は穏やかなポカポカお天気でしたが、祝日の今日は又曇って寒さを感じます。
少し体調不良でしたが、大分回復しました。
昨日は趣味の会に行く途中に福寿草が少しだけ顔を出し始めていました。
春の足音が高くなって来たようで心も弾みます♪

c0187781_1343655.jpg


恋歌

★忙しく遠いあなたを忘れてたしおりの部屋へ逢いにきました   ほのかさん

☆忘れてた訳では無いわ君のこと想い出にそっと蓋してただけ

★トキメキを忘れることなく実年の粋なコートをはおり行くかな  歩みさん

☆年経てもときめく想い忘れずに凛と生きたし背筋伸ばして

★ときめきも感動もせぬ吾が身ゆえ 春を境に弾けてみよう     青葉さん


短歌

カワセミ

★背を屈めレンズを覗き待つカワセミに タンポポ咲きて水温むかな  さいたま日記さん

☆カワセミを今か今かと待ちわびる少年のごと眼を輝かせ

☆カワセミを待つ人の群れ傍らのタンポポ咲きて春の音高し

シャボン玉

★風強く乱れ飛びたるシャボン玉目で追いながら孫とたわむる    tokujiさん

☆乱れ飛ぶ大小さまざまシャボン玉はしゃぐ幼と遊ぶひととき

サクラソウ

★爽やかに春をいざなうサクラソウきさらぎの風軽くかわして   Mさん

☆ひとつ又ひとつと開くサクラソウ白き花片は風と戯る

俳句

★はにかんでそっと寄り添うサクラソウ     ちどりさん

☆もう満開サクラソウ見てコーヒー啜る


c0187781_12573761.jpg

ホトケノザ

c0187781_1258873.jpg

白梅

c0187781_12591735.jpg

紅梅

屋形船

★凍てつきし水もに浮かぶ屋形船君と遊びし時はかえらじ   ひなげしさん

☆凍てつきし日でさえ愛し舟遊び君との日々をふと偲びいる

都会

★晴れ続き人人人のこの都会 行き交う顔に豊かさはなし    愚考さん

☆苦渋の顔漂う人の群れの中 歩めば恋しい故郷の町


藪椿

★水音に振りかえ見ればやぶ椿 水辺を染める花舟ひとつ    さいたま日記さん

☆やぶ椿落ちて水面を漂えば 眼で追う紅の鮮やかさかな

c0187781_2323030.jpg

バレンタイン・デイー

☆要らないと言いつつ待てるバレンタイン

★バレンタインデー要らぬと言へどチョコレート     迷愚さん

★逆チョコにはじけてラララ帰り道             ちどりさん

☆銀紙に甘さと苦さ包み込むチョコに秘めたる想いさまざま

☆チョコレート頬ばるごとにほろ苦い遥か想い出ふと甦る

★初恋の 隠し思いを 手創りの渡せぬ彼に 辛いかチョコの味     ひよこさん

☆初恋のあなたに作るチョコレート渡せぬ想い出今や遠き日

★バレンタイン友と競うや懐かしき遠き夢追い今を噛み締め        歩みさん

☆慕う女友と競いし遠き日のバレンタインの想い出懐かし

☆バレンタインチョコレート食めば甦る甘さの中のほろ苦き日を


添削:
「銀紙に甘さと苦さとさまざまな思い包み込むバレンタイン・チョコレート」(しおり)

「チョコレート頬ばるごとにほろ苦い遥かな想い出ふと甦る」(しおり)
by kotonoha222 | 2009-02-11 10:47 | 2月11日~ 言の葉綴り

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31