カテゴリ:白梅など( 1 )

白梅など

近くお宅の白梅がぽつぽつと咲きました。毎年楽しみにしているのですが、今日は雨・・・
昨日は大分開いたのに気がつかずに通り過ぎてしまいました。
c0187781_1539552.jpg


c0187781_15401562.jpg


c0187781_15404117.jpg


暫くしてこのように開きました。
c0187781_23322670.jpg


c0187781_23325566.jpg


c0187781_23333690.jpg


c0187781_23381448.jpg




昨日所要で駅へ行く途中に白梅の咲いている畑がありました。

c0187781_15424317.jpg


c0187781_1543415.jpg


見上げていると車で通りがかった人がさっきまで小さなメジロが二匹いたよと教えてくれました^^

見上げてもいなかったのですが、畑を耕していた人も梅の木上の方にいるからと教えてくれました。
確かに枝から枝を飛び交うメジロが見えますが、じっとしていません。

c0187781_15435290.jpg


c0187781_15442186.jpg


c0187781_1545621.jpg


わが庭はメジロは現れませんが、平和な場所の梅の木にはいるんですね。
カメラは望遠ではなかったので、大きく撮ることはできなくて残念でした。

また梅の木も終わったものもあれば、これから満開になるものもありますね。

この日の梅は満開でした。

c0187781_15454649.jpg


c0187781_15455951.jpg


大根が側にあったので、大根の花かと思ったのですが、調べたら大根の花は白いようです。
たぶん並べて植えてあった他の野菜の花かも知れませんね。
c0187781_15513820.jpg


梅の木を見ながら畑を耕す平和な光景でした。そんな春めく次の日の今日は雨・・・
そして次第に雪に変わりました。今は溶けましたけど、寒い一日です。
梅も震えているように見えます。

俳句

★悔いることのみ多かりき鳥雲に       迷愚さん

★啓蟄や和歌山城の野面積(のづらづみ)   迷 愚さん

★菜の花や淡路へ向かふ水尾一筋       迷 愚さん



短歌

☆春めきて白梅盛る畑の側耕すひとの長閑なる朝

☆白梅の小枝の間(あわひ)忙しげに飛び交ふメジロ穏やかな春

☆しとど降る雨に幼子抱きかかえ荷物重たげ若き母なり

☆自転車の前と後ろに子等を乗せ傘差し走る母逞しき

☆女とは子供の為に逞しき母なるものぞ雨降り続く

☆白梅に見とれた目線ふと落とす名残の菜花か黄の花のあり

☆君の名はと尋ねたくなる二三本控へめに咲く黄の花のあり

☆野菜の花あまた黄色の花ありて菜花それとも白菜の花


★紅色の馬酔木が雨にぬれて咲く水の珠玉にも春の温もり     三太さん

★古木にも咲きはじめたる白梅のふっくらとして春ものどかに   三太さん
by kotonoha222 | 2011-03-07 15:47 | 白梅など

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31