カテゴリ:山本亭他( 1 )

山本亭

歩きつかれたので、帝釈天の裏手にある山本亭へ行ってみました。
山本亭は大正末期から昭和初期に建築された和洋折衷の珍しい建物です。
日本庭園を眺めながら暫しの休憩です。
時を忘れるような昔懐かしい建物の中でおぜんざいを頂きました。
本心は抹茶が良かったのですが、普通のお茶でした。

☆数箇所ピンボケの画像がありますが、お許しください。珍しい風景なので、あえて載せました♪☆

c0187781_9444071.jpg


c0187781_9564271.jpg


c0187781_957192.jpg


c0187781_9571995.jpg


c0187781_9574770.jpg

ちょっと暗いですが・・・

c0187781_9581673.jpg


c0187781_100513.jpg

懐かしい土蔵が家の中に・・・

c0187781_1005364.jpg


c0187781_1011975.jpg

この時代はお金持ちの家には人力車があったのでしょうか?

c0187781_102312.jpg

洋間もありました。

c0187781_1025889.jpg

天上も漆喰で凝っています。

c0187781_1041345.jpg


c0187781_1043773.jpg

庭の一部

c0187781_105747.jpg


c0187781_1053745.jpg

デッキもありました。

c0187781_107319.jpg

窓ガラス越しの曇り空なので、上手く撮れていませんが・・・庭は見応えがありました。

c0187781_1093229.jpg


c0187781_10103895.jpg


c0187781_10114018.jpg

和洋折衷の照明

c0187781_10135828.jpg


c0187781_10142749.jpg


c0187781_10144892.jpg


c0187781_10152187.jpg

防空壕後

c0187781_10161972.jpg


c0187781_10164298.jpg


c0187781_1017499.jpg


c0187781_1017244.jpg


c0187781_10185763.jpg


c0187781_10202244.jpg


俳句

★雪降れば困るが白き世界良し    三太さん

★雪の中獲物探して思案顔      三太さん

★蹲(つくばい)の氷ひねもす夕鴉  迷 愚さん

★震える手もみもみ寒の月愛でる   三太さん

☆白々と昼にくっきり寒の月         しおり

★瀧行の般若心経鐘氷る   迷 愚さん

着膨れ

☆着膨れて顔のちひささ稚児かな   しおり

☆この年は去年の着ぶくれ脱ぎゆかむ

☆着ぶくれて行く足取りの重さかな

☆早朝の着膨れの人黙々と

短歌

★初雪に室町塀も雪被り静寂だけがあたりを包む   三太さん

★大寒でちじこまったねその体熱燗一杯元気の源   すやきんさん
by kotonoha222 | 2011-01-19 10:20 | 山本亭他

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31