カテゴリ:庭の草花( 1 )

庭の草花

この夏の暑さに庭の木々はダメージを受けて枯れたものがありました。
と言っても全部ではなくてその木々の一部分です。
ゆすら梅や南天ですが、南天は壊滅的と思っていましたけど、新芽が出てきたのにはビックリ。
自然の生命力の強さに感心してしまいました。
マクロレンズで撮った花や草花です。

c0187781_15562373.jpg

南天の葉

c0187781_15564814.jpg

雑草と言われているのでしょうけど、名前は?

c0187781_15574961.jpg

ツユクサ

c0187781_15582680.jpg


c0187781_15591651.jpg

ゼラニュームの蕾

c0187781_15595287.jpg


c0187781_1601629.jpg

蘭の葉の雫

c0187781_1605632.jpg

鳥の落とした種がいつの間にか実をつけていました。

c0187781_22561555.jpg


c0187781_1652662.jpg

パキラ   三百円で買ったのですが、一年で三倍の大きさに・・・新芽が出てきました。

c0187781_166295.jpg

ニチニチソウ

c0187781_1674133.jpg

花麒麟 今年は花を沢山つけました。

☆幼子の成長見るやハナキリン増やす花数吾を和ます

c0187781_912080.jpg

ニチニチソウ 白

c0187781_9204726.jpg

ガザニア

俳句

★秋深き紀淡海峡波穏(おだ)し   迷愚さん

☆漁船ゆく凪の海峡秋深し       しおり

★いい香り残して秋も終わりかな   三太さん

☆行く秋の中で名残の香りかな     しおり

★紅葉の句★  (しおり)

☆露天湯の肩にはらりと夕紅葉

☆夕膳に添へた紅葉の紅さかな

☆水鏡の紅葉目に映ゆ雲場池

☆紅葉狩り今や遅しと旅支度

☆山肌を紅葉で飾る深山かな

★もみぢせる紅葉の中の青もみぢ   迷 愚さん

☆苔むした墓にひとひら紅葉かな   しおり



(ひとひらの紅葉の紅さ苔の墓)

★苔むした石垣飾るつわぶきが    三太さん

★ひとやすみさて南へと旅支度    三太さん

☆ひとやすみ旅立つ前の渡り蝶     しおり

短歌

★宵のまち石焼き芋の売り声に深まりゆきし秋を楽しみ     tokujiさん

☆横丁の石焼き芋の売り声に視線を外に向ける秋の夜      しおり

★つわぶきの庭一面に花咲きて葉がきらきらと薄日にひかり   三太さん

★木枯らしの前ぶれ吹けば柿の実は熟して屋根に落ちる夕暮れ  大和三山さん

☆いつの間に木枯らし吹きて柿の実のポトリと落ちる晩秋の宵  しおり
by kotonoha222 | 2010-10-29 16:08 | 庭の草花

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31