カテゴリ:1月31日~ シクラメンなど( 1 )

昨日から降り始めた雨が今日も弱く降り続いています。
一雨ごとに春に近づいて行くのでしょうね。
風も少しあるようで木々が揺れています。
今日で陰暦の睦月も終わり明日から如月になります。

短歌

シクラメン
一昨年買ったシクラメンが小さい花ですが、次から次へと咲かせています。
花の終わった鉢を庭の隅に置いていたのが又咲き始めたので、健気に思われますね。
c0187781_1049496.jpg


☆この年も楚々と咲きたりシクラメン健気に開く花は可憐に

☆豪華さを可憐な花に変えつつも命を繋ぐシクラメンなり

決して豪華ではないのですが、命があれば咲き続けようとする花に愛おしさを覚えます。

c0187781_11594124.jpg

ストーブ

★春間近思わす温い降る雨に ストーブ迷い点けしおる今朝   大和三山さん

☆降る雨に春の気配を感じるも点けるストーブの温もり嬉し

舞扇

c0187781_1455755.jpg


☆富士の峰白き冠きらめきて華麗に揺れる夢舞扇

c0187781_1484819.jpg


☆松原に寄せては返す波しぶき富士を背に舞う寿の宴

☆人生の船出を祝う舞扇千代に八千代にたおやかに舞う

水辺の鳥

c0187781_17211675.jpg


☆白鷺の白際立てり泥の池

☆白鷺の立ちて水面は輝きを増す泥の池春浅き午後

通称鴨池ですが・・・・鴨は保護色のようなくすんだ色ですが、白鷺が一羽いるだけで泥池の光景は変わりますね。

c0187781_1736316.jpg


☆白鷺のそろりそろりと近づきて小魚(いさな)取る技まるで職人

c0187781_20403037.jpg

林檎

☆この冬に二箱の林檎食べ尽くしバラで求める夕餉のデザート

☆雹被害りんご農家のニュース見て自然の怖さ知る夕べかな

☆慈しみ育てた農家雹りんご及ぶ被害の大きさを知る

林檎の被害はその年だけで無くて影響が翌年、翌々年まで出ると考えられているほど、重大な被害だそうですね。
毎年雹の被害を考えながら林檎を育てて行かなければならない農家の人達にとっては死活問題で辞める人達も多いとか?
林檎が高くなることも辛いですが、辞めなければならない農家の人達の心情を察するに余りあるものがあります。
by kotonoha222 | 2009-01-31 11:39 | 1月31日~ シクラメンなど