カテゴリ:風の日の新宿御苑①( 1 )

風の日の新宿御苑①

今日は久々のお天気に恵まれたので、所要で出かけその合間に新宿御苑へ寄ってみました。
土曜日と言うことで人、人、人・・・人波が続きます。
兎に角人出の多い御苑でした。
桜はまだ三分から四分・・・木に寄って隣り合っていても咲いているもの、蕾のものと個性があるのですね。
風が強かったので、ブレた画像が多く残念でした。
でも流石に三月の末ともなると春の花々が咲いていますね。
寒い日々が続いて冬に逆戻りのこの月ですが、植物は咲く時期にきちんと咲くのだなぁ~と改めて感心してしまいます。
c0187781_0401428.jpg


☆桜咲く人は集まり木の下の宴に笑顔声響きをり

c0187781_0404743.jpg


c0187781_041845.jpg


c0187781_0415165.jpg


c0187781_0422092.jpg


c0187781_0424599.jpg


c0187781_0433092.jpg


c0187781_0435764.jpg


c0187781_0443890.jpg


c0187781_0452112.jpg


c0187781_046395.jpg


c0187781_0463436.jpg

アメリカ     大分散っていました。

c0187781_0483331.jpg


c0187781_0473719.jpg


c0187781_0493478.jpg


c0187781_050592.jpg


c0187781_0502316.jpg


c0187781_91034100.jpg


c0187781_0504835.jpg


c0187781_0511439.jpg


c0187781_052166.jpg


c0187781_0523050.jpg


c0187781_053195.jpg


c0187781_208943.jpg


☆待ち侘びて三分の桜咲く下の宴に笑顔声響きをり

☆快晴とみればこぞりて花見かな

短歌

★春日浴び仕事始めの畑うなう冬眠半ばの蛙出できし   tokujiさん

☆やわらかな日差しの畑に耕せば寝ぼけ眼の蛙飛び出す  (返歌)

★三月の風に吹かれし桜木の開花待たるる眼差し熱く    瑞希さん

☆弥生尽御苑は花見真っ最中人人人は笑顔湛えて     (返歌)

★春霞夢の世界に誘われて遠くに君を思い出すなり     志乃さん

☆夢うつつ微睡みのなか春霞遥かな君の姿浮かびぬ    (返歌)

俳句

★春霞夢の世界に誘われて     志乃さん

☆遠ざかる君の姿に春霞      (返歌)

★花よりもあかりが綺麗さくらかな  三太さん

☆まだ三分やがて夜桜宴かな     (返歌
by kotonoha222 | 2010-03-28 00:54 | 風の日の新宿御苑①

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31