カテゴリ:千葉へ( 1 )

千葉へ

千葉へは友達も住んでいるので何回か訪れましたけど、その後数年前に訪れ今回と最近はそんな所です。
数年前に行った時は写真も撮らず印象も薄かったのですが、今回は千葉の長閑さを撮りたかったなぁ~とつくづく感じる程写真に残したかったと残念さが残ります。

時間が全く無くてしかも車の移動だったので、車窓からしか撮れなかったのです。
あるお寺の周囲は長閑な佇まいのところに今年初の鶯の声を聴きました。
そしてソメイヨシノもチラホラと咲き始めていました。
水仙も群れていて色々な水仙が今を盛りと咲いていましたが・・・
今も眼に焼きついています。

c0187781_1816932.jpg

千葉へ行く時に我が家のゆすら梅が五部咲きになっていました。

c0187781_1817688.jpg


c0187781_18172291.jpg


c0187781_18173655.jpg


c0187781_1818120.jpg

車窓から・・・

菜の花が満開でした。走っているとこんな風景が良く見られました。

c0187781_18191842.jpg

単線の線路の脇にも菜の花が群れています。

c0187781_1820422.jpg


菜の花の前には姫踊子草が群れています。

c0187781_18204382.jpg

長閑な田畑に水が張りキラキラと煌いています。

画像短歌

c0187781_23404462.jpg


☆単線を挟みて群れる菜の花と姫踊子草の内房は春

短歌

★河津咲き染井吉野は膨らんだ鴨もすいすい待ち侘びている      すやきんさん

☆スイスイと泳ぐ水鳥見下ろして染井吉野はまもなく開花        (返歌)

★この年もクリスマスローズは俯きて庭隅に咲けり紅白揃ひ       瑞希さん

☆去年(こぞ)に見たクリスマスローズ一叢をこの春見たし御苑を訪ね  (返歌)

★春の使者シルクロードの便り載せ 霞みの如く黄砂に煙る       大和三山さん

☆春霞シルクロードの旅の夢覚めて幻大和平野は            (返歌)

★仰ぎ見る花の命のせつなさを雨を恨みの尽くせぬ力           mikoさん

☆二三輪咲き初む花の儚さよしとどの雨に明日は散るらむ         (返歌)

★春近し北に帰るや白鳥の今宵も飛びぬ鳴き声高く            tokujiさん

☆白鳥の甲高き声春の宵北帰行の日まだ訪れず               (返歌)

★まだ咲かぬ桜の木にも春きたる化粧なおしの名残り雪降る       tokujiさん

☆桜木の固き蕾の会津にも春の兆しにまた雪が降る             (返歌)



俳句

★余部(あまるべ)の空を気動車春の蝶   迷愚さん

★水仙がぱっと開きし庭のはし       三太さん

★催花雨や褒めて腐して実を育て      すずめさん

☆催花雨に今朝は三部の花となり      (返歌)

★桃咲いて桜三分の峡の暮         迷 愚さん

川柳

★ 白衣着りゃ藪も竹の子もみんな医者  もくあみさん
by kotonoha222 | 2010-03-24 18:21 | 千葉へ

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28