カテゴリ:雹から雪( 1 )

雹から雪へ

弥生になり寒の戻りのような日々が続いています。
お天気良くなったら散策へと思っていてもこんな状態、なかなか散策する気分になれません。
今日は趣味の会の日、カメラ持参で出かけても雨の中ではなかなか撮れなくてただ重い思いをしただけでした。
途中咲いていたオミナエシ
c0187781_19473134.jpg


公民館の窓越しの沈丁花
c0187781_1949142.jpg


柊南天
c0187781_19495221.jpg


c0187781_136018.jpg


c0187781_958212.jpg


c0187781_9582957.jpg


c0187781_1310737.jpg

ヒマラヤユキノシタ

c0187781_13105480.jpg

フジバカマ

c0187781_13113293.jpg


c0187781_13115690.jpg

新芽と雪

c0187781_13123023.jpg

サクラソウ

c0187781_1313742.jpg

ジャノメエリカ

c0187781_13135531.jpg

房咲水仙

c0187781_13154968.jpg


c0187781_2124536.jpg


先日の雪が降った日の写真ですが、関東はあっけなく夕方には道路には雪が残っていませんでした。


☆春待てど弥生の雪にうなだれるわが身重ねて見いる水仙

☆雨だれにたわむ水仙角の道

短歌

★残り火の火鉢の温もり椿がら 君は雌しべと冷えた手握り   ヒヨコさん

★うすくらき奥深き森ひっそりと咲く猩猩袴花に酔いしれ      三太さん

★椎茸の生えて嬉しき雨後の朝木陰の庭も楽しきもので    三太さん

★春なのに寒さ続きて街路樹はオブジェの如きプラタナスあり   tokujiさん

☆雪だるま一夜の雪をかき集め作るも午後には呆気なく消ゆ

★パソコンを妻に手ほどき頼まるる吾も初心に返るひと時     tokujiさん


俳句

★昨日今日明日も雨とか辛夷咲く   迷 愚さん

★轟々と雲を巻き上げ冬嵐      ひなげしさん

★寒もどり メジロが花に さんざめき  魚心さん


川柳

★ちんちんと昔の電車地下を行く   すやきんさん

★総理には成りたくないね突かれる  すやきんさん
by kotonoha222 | 2010-03-09 19:54 | 雹から雪

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31