カテゴリ:1月17日~ 小さな春探し( 1 )

  ★小さな春探し★  
c0187781_14142136.jpg

☆気づかずに過ぎ行く季の速さ知るもう蒼天に紅の梅

★成人の日★

★成人日陽だまりに立つ日本髪 挿してあげたい紅の梅かな  さいたま日記さん

☆着物着てブーツ姿の女性(ひと)もあり現代模様成人の日は

☆初々しい着物姿で日本髪映えるかんざし紅(くれない)の梅

c0187781_1414453.jpg

☆一輪に春の息吹を感じたり落とす視線に鉢の白梅

室内は暖かく穏やかな日差しの午後です。
でも意外に空気は冷たくて外を歩いていると寒さが身に沁みます。
買い物ついでに小さな春を探して見ました。
紅梅がいつの間にか五部咲きになっていました。
又白梅も蕾が綻び始めていました。確実に春の足音が聴こえて来るような関東です。
c0187781_14153030.jpg


c0187781_14155072.jpg


c0187781_14161342.jpg

☆啄ばめる鳥もなき侭蒼天に熟して紅し柿の実あはれ

☆残り柿鳥啄ばみて空蒼し

c0187781_1417530.jpg


c0187781_14172522.jpg

恋歌

★恋に落ち君を想へばこそなるもすれ違ひなる悩みぞ多き  こもれびさん

☆好きなのに何故か想ひのすれ違う素直になれぬわが身哀しき

★振り向かば君の姿はもうなくてただそが影を引きずりてゐん   こもれびさん

★懐かしき炬燵の中で触れ合いぬ風情無きかな部屋暖房は   歩みさん

☆出す足の触れ合う度にわが胸の高鳴り強し冬の炬燵は

★振向かず影もおぼろげ去ってゆく惚れた弱みか見送るばかり   歩みさん

★君が背の漂ふ哀愁いかばかり熱き眼差しも届かぬものか   こもれびさん

☆君知るや背〈せな〉を見送る我が想い溢るる慕情に濡らす眼を

★君のこと全て知りたきと思へども吾がことなれば戸惑ひを持つ  こもれびさん

☆純なるを愛の標と歩みきて大人の愛の形を探る

★摩天楼★

冬情緒摩天楼片隅しもた屋の 小雪庭木に神の実一つ    ひよこさん

c0187781_19341641.jpg

★寒椿★

★香りくる仄かな鮮の寒椿   ひなげしさん

☆寒椿楚々とした彩朝の庭
by kotonoha222 | 2009-01-17 14:17 | 1月17日~ 言の葉綴り

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28