カテゴリ:初めての街 神戸 異人館( 1 )

港のある街は外国との交流も頻繁でそのせいか、港神戸にも異人館が一つの街になっているようです。
ほんの一部ですが、散策してみたので載せてみます。
c0187781_19212662.jpg


c0187781_19223150.jpg


c0187781_1923520.jpg


c0187781_19233940.jpg


c0187781_1924168.jpg

照明が流石に素晴らしいものが多かった

c0187781_19244645.jpg


c0187781_1925955.jpg


c0187781_19253526.jpg


c0187781_192685.jpg


c0187781_19264549.jpg


c0187781_19273280.jpg


c0187781_1928093.jpg


c0187781_19282111.jpg


c0187781_1928449.jpg

タイプライター

c0187781_19291840.jpg


c0187781_1049576.jpg


c0187781_19294675.jpg


c0187781_1930979.jpg


c0187781_19303438.jpg

こんなバーカウンターのコーナーがあったら毎日でも宴会になりそう!

c0187781_19314328.jpg


c0187781_10495459.jpg


c0187781_10502995.jpg

井戸

c0187781_1050571.jpg


c0187781_10533772.jpg


c0187781_10541125.jpg


c0187781_19585696.jpg


☆穏やかなあかりの下の団欒をふと偲ばるる異人の館

☆如月のあかりに偲ぶ遠き日々

俳句

★梅満開オリンピックのファンファーレ   迷愚さん

★引け鳥の梅の香散らす羽音かな   迷 愚さん

★駅伝の鼓動を聞くや寒椿          mikoさん

★是よりは女人結界山眠る           迷 愚さん

★侘助の咲いて凍れは未だ続く        もくあみさん

☆侘び助の咲く日溜まりや北大地

★梅の香に誘われしまま花に酔い       三太さん

★信号を待てば春水流去る     小鹿さん

★双び立つ梅にも春のきらめきが     三太さん


短歌

★薄紅の椿に白黄色まざり花引き立ててわが足止めし   三太さん

★新雪を踏みしめ行きし散歩道ひとと犬との続く足跡    tokujiさん

☆人と犬並びて続く足跡は夜半に積もる新雪の道      (返歌)

★大樹にも小さな花の咲く春が茶々も夢見た百年の梅  三太さん




雪花 「まみさん」
ひだまりのとき 冬春のそよ風が

遠くから 響くね
こだまするかのように 冬春の幸せを

川柳

★花のなか花さく花の面白さ    三太さん

★外は雪咲いて寂しい雪割り草   もくあみさん

★友愛で職場と家族に貰うチョコ   写楽さん


c0187781_1932429.jpg

by kotonoha222 | 2010-02-14 19:32 | 初めての街 神戸 異人館