カテゴリ:与野公園の晩冬( 1 )

与野公園の晩冬

今日〈土〉陽は差していて暖かそうでしたが、外は風が吹いて冷たいです。
去年の暮れまでは暖冬の気配が漂っていましたが、明けたら正に冬真っ只中という感じがします。
与野公園を通ったのでコンパクト・カメラですが、晩冬の公園の様子を撮りました。
三時頃でしたが、北風がビュービュー吹いて寒い寒い!
体が見る見る内に冷え行きます。
c0187781_19435538.jpg

秋には薔薇が咲いていましたが、今は枯れ枝が並んでいます。
c0187781_1945178.jpg


c0187781_19464775.jpg

枯れ木ばかりが並んでいます。

c0187781_19592178.jpg

背高のっぽにしてくれるこの時期の陽です。

c0187781_1949345.jpg

寒いなか子供達は元気良く遊んでいます。

c0187781_19494925.jpg


c0187781_19501610.jpg

フランス料理店

c0187781_19504615.jpg

青空に映えて美しいです!

c0187781_1951382.jpg

噴水が寒そう!

c0187781_19521326.jpg

今年は良いことがありそう!開運橋だったのですね!

c0187781_19531295.jpg


c0187781_22415672.jpg

乙女の像が青空に映えて美しかった!

☆「翔」という名の乙女像ひたすらに明日へと翔るしなやかにして

☆蒼空に乙女の飛翔寒半ば

c0187781_19541358.jpg

今年は翔る年にしたいですね♪

俳句

★晩冬を南に向ふ雁四羽        迷 愚さん

★北風に人寄り付かぬ観覧車      すやきんさん

★冬なかばはやめざるたるふきのとう   三太さん

★初雪や神の聖の贈り品        ひなげしさん

★寒空に緊張萎えるゴルフかな  すやきんさん

☆風止みてゴルフの一打冴え返る

☆一二輪咲く白梅の真白かな


短歌

★書き初めや餅を焼いたりトンドさん幼き吾を懐かしんで見る   tokujiさん

★大寒が近づく前に枕花 恩ある婆に合掌泪   ヒヨコさん

★親しき人逝きて涙に暮れる日の一層寒さが身に沁みてゆく

☆春一番福をもたらす花が好き笑門大福幸せ一杯

☆どんど焼きその言の葉の懐かしき遠きわが身を偲びて聞けり   〈返歌〉

川柳

★囃されて舞う足下に在る奈落   すずめさん

★雪鳴いて寒の凍れを測り知る もくあみさん

  
by kotonoha222 | 2010-01-16 19:55 | 与野公園の晩冬

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28