カテゴリ:お正月 あれこれ( 1 )

お正月 あれこれ

今日は明けて七日目、お正月で疲れた胃を労るごとく先人は七草粥を食べ無病息災を祈念したのですね。
私も小さい時は祖母が作ってくれた七草粥を食べていました。

お正月は特に野菜不足になりがちですし、七草の効用を上手く取り入れた慣習だったみたいです。

セリ、ナズナ〈ペンペングサ〉オギョウ〈ハハコグサ〉ハコベラ〈 ニワトリグサ〉 ホトケノザ スズナ〈かぶら〉スズシロ〈だいこん〉

最近はスーパーで七草粥用にセットしたものが売っているみたいですね。
もしあったら 今夜は七草粥を食べてみようかと思います・・・

〈君がため春の野に出でて 若菜摘む わが衣手に雪は降りつつ  光孝天皇〉

と言う歌を思い出します。これも七草を摘んでいるように思えますね。


松の内は小正月の七日或いは十五日までのようですが、地方に寄っても違うみたいですね。

☆箱詰めの七草を買ふ店舗かな

☆夕餉には七草粥を食そうと春の七草数へる朝〈あした〉

★息災を祈る思いも炊き込めし七草粥に母は顕(た)ちくる   ポエット・Mさん〈返歌〉



c0187781_16184974.jpg


c0187781_2152984.jpg

コーラスの新年会から・・・

c0187781_2254599.jpg

京王プラザホテル
学生時代の友達との新年会がありました。

c0187781_22561993.jpg

新宿南口   NTTドコモビルが見えます。

c0187781_22572981.jpg




短歌

息災に寅年迎えはや七日歯ごたえうすき粥をすすれり   さよこさん

松の内終わりし七草粥の味 懐かし母の秘伝隠し技    ひよこさん

★かの人と嬉しい出会い初夢はうたかたなりか目覚め迎えて  tokujiさん

☆初夢は蒼き時代のかの人と逢瀬重ぬるうたかたの時     〈返歌〉

俳句

★連れられて薺摘みせし母の野辺   迷 愚さんの七草の句

★薺粥塩を効かせた母の味

★叩き菜や妻の背中に宿る母

★五台山冬日の中に塔五重        迷 愚さん

★初夢や 見たい人との 出会いなく   魚心さん

☆かの君の初夢に笑むあしたかな     〈返句〉
川柳
by kotonoha222 | 2010-01-07 10:59 | お正月 あれこれ