カテゴリ:向島百花園(2)( 1 )

向島百花園(2)

向島百花園の続きです。
庭内はこじんまりしていますが、萩のトンネルなど有名です。

c0187781_801114.jpg

行く路筋に咲いていた ベニゴウカン【緋合歓、fairy duster】
c0187781_814024.jpg


c0187781_82962.jpg


c0187781_824073.jpg


c0187781_831613.jpg

薊とセセリ蝶

c0187781_835897.jpg

自然に任せているという感じの風情です。

c0187781_845693.jpg


c0187781_85235.jpg

ツユクサ

c0187781_86873.jpg


c0187781_86573.jpg

アカハギ

c0187781_87538.jpg

シロミノコムラサキ

c0187781_883366.jpg

ススキ

c0187781_89426.jpg

センニンソウ

c0187781_892985.jpg

芙蓉

c0187781_810768.jpg

ウメモドキ

c0187781_8104822.jpg


c0187781_8113198.jpg


c0187781_8122498.jpg


c0187781_813520.jpg

メイゲツソウ

c0187781_8133379.jpg


c0187781_8142142.jpg


c0187781_8243864.jpg


白萩が盛りです

c0187781_817181.jpg


c0187781_8172813.jpg


c0187781_8175611.jpg


c0187781_8182018.jpg


c0187781_8184462.jpg


c0187781_2235399.jpg

萩のトンネル

c0187781_820084.jpg

赤の水引

c0187781_8204090.jpg


c0187781_821044.jpg


c0187781_1085374.jpg


先日行った百花園の名物にもなっている萩のトンネルです。
この日は曇っていましたので、鮮明な画像にはならなかったのですが、雰囲気ありましたね。

☆七草を数へて萩のトンネルを潜らば白き花の零れり

秋の七草を詠んだ山上憶良の歌碑もありました。(最近のもの)

c0187781_11133362.jpg

短歌

☆可憐なる女(ひと)も夕べに酔芙蓉緩やかに身を染めて艶やか

★ひと日なれおのれの命の絶唱を彩り謳(うた)う酔芙蓉ああ  ポエット・Mさん(返歌)

☆木漏れ日の萩のトンネル潜りなば指先触れて白さ零るる

☆萩のはな数多咲きゐる百花園ひねもす憩ふ句を捻りつつ

★十五夜を萩のトンネル百花園 らんたん一筆秋七草が     ヒヨコさん

★船旅のユックリズムが懐かしい香港マカオ偶にいいもの     すやきんさん

★名月を眺めいたるや昔人餅つくうさぎロマン広がり       tokujiさん

☆幼子のロマン抱きて仰げども雲に隠るるこの望の月       (返歌)

俳句

★猿酒ありと訪ねしいで湯かな  迷 愚さん
ましらざけ

★望の夜やきみと歩いて影一つ   迷 愚さん

★十六夜や一つ手前で降りようよ  迷 愚さん


月三題

   ★子ら去りて街に生れし望の月   迷 愚さん

   ★名月や池を回りてじやあまたね

   ★月今宵杖を頼りの病みあがり

★月光ベートーベンのソナタ聴く   ひなげしさん

☆十六夜(いざよい)の月煌々と径照らす

川柳

★テラスにてビジネス会談快晴で  すやきんさん
by kotonoha222 | 2009-10-02 08:20 | 向島百花園(2)

日々の出来事を写真と共に綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31